【十二神将 秘符】 安倍晴明 陰陽師に口伝される十二天将のお守り

¥ 16,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

十二神将秘符の刀印護符は ご依頼者様の刀印で魂入し完成する秘法の符(お守り)です。
鎮宅七十二霊符や道教から伝わる北極紫微大帝六十四化星秘符、陰陽道や密教、神社に口伝される符など、古より伝わる由緒ある護符を揃えております。
大きさは「名刺サイズ」と「はがきサイズ」の二種類ございます。ご落札時にご指定願います。
十二神将秘符には1300年前から伝わる手漉きの越前和紙や阿波和紙(国指定の伝統工芸品)を使っています。
ご用命を承りましてから念を込め十二神将秘符をお刷りし、一枚一枚祈念いたします。
【十二神将 秘符】
陰陽道における十二神将(本来は十二天将)は、安倍晴明はじめ陰陽師が使役した式神または鬼神、精霊のことで、青龍、朱雀、白虎、玄武、勾陳、六合、騰蛇、天后、貴人、大陰、大裳、天空からなります。仏教の十二神将とは異なります。
十二神将秘符はその式神、鬼神、精霊を護符と化したものです。この護符は十二枚で一組です。
所有者の潜在する力を引き出し、艱難辛苦を乗り越えることを助け、幸福に導くと伝えられています。
【魂入の法】
ダメかも、負けるかもといった思いは一切排して、刀印(男性は左手、女性は右手)で、想いを込め丁寧に護符の文字、線をなぞって下さい。書き順は心に想うままで大丈夫です。以上で魂入の法は完了です。
【保管方法】
神棚や祭壇(自作のものでも大丈夫です)に祀るか、ご自宅や職場の壁などにお貼り下さい。他の人に見られたくない場合は、白い封筒や和紙で包むか、無下に扱わなければ、机やタンスの引き出しに入れてもかまいません。また、カバンや財布等に入れ、持ち歩いても大丈夫です。