性風俗史年表 1868−1912 明治編 新品

¥ 3,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

性風俗史年表 1868−1912 明治編
下川 耿史 編
河出書房新社
初版発行日:2008-06-30
A5判 399頁
ISBN:9784309224831
定価4860円
エロスと権力のせめぎ合い。文明開化、富国強兵にひた走る時代の裏側が見えてくる。

目次
江戸、大坂に外国人向けの遊郭が開業
戊辰戦争の負傷兵の看護に元娼妓が活躍
横浜でわいせつなチョンキナ踊りが流行
ヨーロッパでオナニー害悪論が大流行
茶汲み女や地獄と呼ばれる私娼が急増
新婚の妻が歓喜の接吻で舌をかみ切る
男性同性愛をホモセクシュアルと命名
西郷隆盛、木戸孝允らの要人が吉原通い
人胆、陰茎、脳髄の密輸が禁止される
日本人小児34人が清国へ密輸される〔ほか〕

新品バーゲンブックです。送料は無料です。